その他

この記事を書いた人:渕崎 愛

事業者様必見!ホームページを安く制作するポイント

事業者様の中で、「自社ホームページを作りたい!けれど、安く制作する方法はないかな?」とお悩みの方はいらっしゃいませんか?
このページでは、そんなみなさまへ向けて、ホームページを安く制作するポイントをご紹介いたします。

ホームページを安く制作するならここに頼もう!

ホームページを制作するとき、誰に頼みますか?当然、ホームページ制作会社?
ちょっと待ってください。ホームページ制作を安く行うなら、制作会社以外にも注目してみましょう。

ホームページ制作を受注しているのはこんな人たち

  • フリーランスのデザイナー
  • フリーランスのディレクター
  • クラウドソーシング
  • ホームページ制作会社

それぞれにメリットとデメリットがあり、どこが一番ホームページを安く制作できるかは一概に言えません。

フリーランスの人に頼んでホームページ制作

ホームページの制作にかかる費用はなんでしょうか?おそらくお察しの通り、ほとんどが人件費です。

この人件費を抑える方法として、フリーランスの人にホームページ制作をお願いすることが挙げられます。

ホームページ制作会社の場合、どうしても事務所費用や保険などの関係で、人件費が高くなりがちです。フリーランスならばそれらの費用があまりかからないので、人件費を安く設定していることが多いです。

デメリットとしては、やはり会社よりは体制が整っていなかったり、中にはずさんなフリーランスがいたりすることです。ホームページ制作のパートナーとして、信頼できる方を選びましょう。

フリーランスのデザイナーとフリーランスのディレクターでは何が違う?

フリーランスのデザイナーは、ホームページ制作の受注から納品までを一人で行います。対してフリーランスのディレクターは、受注やお客様とのやり取りなどの窓口となり、実際の作業はほかのデザイナーやプログラマーたちに依頼しています

デザイナーに直接依頼すると、仲介手数料がかからないので安くホームページを制作できる場合が多いです

ディレクターに依頼すると、案件の管理をしっかりやってくれる場合が多いので安心です。ただし、仲介手数料などが上乗せされていることがあります。

クラウドソーシングを活用しよう

知り合いにデザイナーやディレクターがいない場合は、クラウドソーシングで探しましょう。全国のデザイナーやディレクターの中からパートナーを選べます。登録している人は、経験や込み具合が実に様々です。経験が少ない人や比較的手が空いている人には、制作費の交渉をして、安くホームページを制作できることがあります。

クラウドソーシングには優秀な人がたくさんいますが、中にはあまりに経験がない人、コミュニケーションをとるのが難しい人、副業でやっていて制作時間がしっかりとれない人などもいます。クラウドソーシングは顔が見えないので、特に慎重に選びましょう。

また、クラウドソーシングは利用手数料も事前に確認しておきましょう。

地方のホームページ制作会社でホームページ制作

ホームページ制作は場所を選ばないので、地方のホームページ制作会社に依頼すると安く作れる場合があります。これは事務所費用や人件費が安いため、制作費を安く設定しているホームページ制作会社が多いからです。

遠距離だと直接顔を合わせてホームページ制作の打合せができないので、コミュニケーションがとりづらいのではと心配される方もいるかもしれません。ですが、2020年以降は新型コロナウイルスの影響でリモートでのコミュニケーションが飛躍的に発達したので、十分ハードルが下がったことと思います。

ちなみにデラデザインもこの理由で安くホームページを制作できます。私たちの最安プランはこちらです。

Webサイト制作

40,000円〜

最短1週間

思い切って自分でホームページ制作

ホームページは自分で制作することができます。テンプレートを使って無料で作るツールや、サーバーやドメイン代もかからないものもあるので、とても安く作ることができます。

ただしサポートが全くなかったり、デザイン面で劣ったり、独自ドメインが取れなかったりするので、ホームページの用途によっては向いていないこともあります。

ホームページを安く制作するために気を付けたいポイント

できるだけ早く依頼する

ホームページ制作には意外と時間がかかります。作るだけなら早いのですが、確認したりデータのやり取りをしたりと、事務的なことが多いのです。納期が決まっている場合は、できるだけ早くホームページ制作の依頼をし、制作費を安くしましょう。納期がギリギリになると、制作者側は間に合わせるために無理をしてしまい、結果的に手戻りがあったり納得のいくホームページができなかったりして、余計なコストがかかることになります。

依頼者側は希望を明示し、後戻りが無いようにお互い確認する

ホームページ制作で思わぬ費用が発生するのが、大きな手戻りがあったときです。これは、最初の打合せでどのようなホームページを制作したいかを、制作者側としっかり共有することで防げます。

依頼者側は、以下の希望を制作者側にしっかり伝えましょう。可能なら、文書に残しておくといいです。

  • ホームページ制作の目的(売り上げを増やしたい、お問い合わせがほしい、名刺代わりなど)
  • ホームページのデザイン(雰囲気、テーマカラーなど)
  • 掲載したい内容
  • 納期
  • 対応したいブラウザ

特に対応したいブラウザですが、基本的にはシェアの多さによって決まります。詳しいことは制作者に問い合わせるのがよいでしょう。業界によってはマイナーなブラウザのシェアが多かったり、事業者様がマイナーなブラウザを使っていることで対応したいブラウザが増えてしまうことがあります。この場合、費用が上乗せされるケースが多いので、慎重に検討しましょう。マイナーなブラウザを使っている方は、この機会にGoogle Chromeなどメジャーなものに移行されるのをおすすめします。

素材を依頼者側が用意する

ホームページの制作で主に時間がかかるのは、どこでしょう?

それは、デザイン・コーディング(ホームページが表示されるように構築すること)・コンテンツ制作(ホームページの内容をつくること)です。

デザインとコーディングはプロに任せるとして、ホームページのコンテンツ制作は事業者様がされたほうが確実に安くなり、また中身の濃いものになります。

デラデザインも、ホームページ制作をする際にコンテンツ制作のお手伝いをすることができます。時には、ほとんどの内容を私たちが調べてコンテンツ制作をし、間違いがないかのチェックだけをお願いする場合もあります。事業者様にとっては、ホームページ制作に自分たちの時間を使わなくてよいのでメリットがありますが、この手法ではホームページ制作の費用はかさみがちです。

また、写真や図表などは事業者様が用意されると、素材を購入したり撮影したりする必要がないので、安く制作することができます。

同じ理由で、ホームページ公開前のチェックを自分たちで行うという方法もあります。

ホームページの担当者を立てる

ホームページ制作の全てを把握している担当者がいることで、やり取りに無駄がなくなり、結果的に安く制作することができます。この場合、ある程度の決定権をホームページ制作の担当者に与えておけば、何度も承認を得る手間が省けるので、さらに効率がよくなります。

ホームページは自分で作るのが一番安い?

皆様の中には、ご自分でホームページをすべて作るか、従業員さんの中からホームページ担当を立てて作ってもらうことを検討されている方もいるでしょう。
しかし人件費を考えると、安く制作できるかは微妙なところです。ホームページ制作の知識がある場合は良いですが、多くの場合は時間をかけてホームページ制作の方法を調べなければいけなかったり、トラブルが起こって思わぬ時間を費やしてしまったりします。
仮に1ヶ月の就業時間を丸ごとホームページ作りに充てたとすると、1か月分の給与すべてがホームページ制作費ということになりますよね。さらに、満足のいく仕上がりなのか、十分な機能があるのか、システムトラブルはないかなど、心配事やわからないことがあっても助けてくれる人がいません。

ホームページ制作はプロに任せ、自社のリソースは自社の事業に割いたほうが安くなる場合が多いです。

ホームページを安く制作するポイント まとめ

いかがでしたか?これらすべてをクリアするのはなかなか難しいですが、頭の片隅に入れておくとホームページがいくらか安く作れるかもしれません。
大切なのは、ホームページ制作のパートナーを見極めることと、堅実に作り上げていくことです。ホームページは一日にしてならず。事業者様も制作者も、一緒に素敵なホームページを作っていきましょう。